MENU

【顔画像】早稲田文芸学術院の元教授が判明!セクハラを受けた深沢レナの心境が辛い

深沢レナにセクハラをした早稲田の元教授の顔画像と名前

「女として扱ってやる」

この文句で女子生徒にセクハラをしていた早稲田大学文芸学術院の元教授(71)は誰なのか?

お伝えしていきますね!

この記事でわかること
  • 深沢レナ(32)がセクハラを受けた元早稲田教授の名前
  • 深沢レナ(32)がセクハラを受けた元早稲田教授の顔画像
目次

【顔画像】深沢レナがセクハラを受けた早稲田の元教授は誰?

渡部直己

結論から申し上げると「渡部直己(当時66)」です。

人が良さそうなおじんちゃんなんだけど…

  

ソースは2018年7月に公開された朝日デジタルです。

早稲田大は27日、文芸評論家で文学学術院教授の渡部直己氏(66)が、教え子だった元大学院生の女性(27)にセクハラやパワハラをしたとして、同日付で解任したと発表した。

朝日DIGITAL

現在は2023年4月ということで、約4年弱の月日が経っていますよね。

深沢レナさん

渡部直己は現在71歳で、深澤レナさんは31歳で年齢もリンクするため、間違いないでしょう。

渡部直己の経歴とプロフィール

名前渡部直己(わたなべ なおみ)
年齢71歳
出身東京都
高校東京学芸大学附属高等学校卒業
大学早稲田大学第一文学部卒業
職歴様々な著書を出版しながら大学教員として従事

文芸評論家として活躍されていた、元早稲田大学の教授でもある渡部直己は「俺の女にしてやる」という文句で、

深沢レナさん(当時28)にセクハラ

をしていました。

事件当時、被害を受けた深沢レナさんは、早大側に申立をすると渡部直己がセクハラを認め退職。

しかし、本来なら早稲田側で懲戒処分にすべきのところを一般退職ということになってしまったのです。

深沢レナさんがあまりにも報われない

  

深沢さんが早稲田の大学院に合格したのは2015年の9月。

翌4月に入学する前から聴講に通っていて、そのときの指導教員だったのが文芸評論家の渡部直己だったのです。

そして強引に食事に誘われたあげく、

「卒業したら女として扱ってやる」「俺の女にしてやる」と告げられた。頭や肩、背中などに触れてくることもあった。

Yahooニュース

こんなセクハラ/パワハラを受けていたんです。

様々なメディアで活躍されていた渡部直己なのに、裏の顔は生徒を退学に追い込む単なる男だったのです。

深沢レナさんは今もなお戦っている

渡部直己は一般退職ということになりましたが、

深沢さんは「被害者が声を上げなければ、教員の意識や大学の対応は変わらず、処分も甘いままになる」と語る。「大学のハラスメントを看過しない会」を20年に設立し、大学でのセクハラ問題などについて情報を発信している。

Yahooニュース

こういった活動を続けられています。

自分がセクハラ/パワハラ被害を受けたことはもちろん、その事件は氷山の一角に過ぎないはずです。

未来ある学生を救うために、深沢さんは今もなお戦いを続けているんですね。

余談ですが、

性について考える東北大の学生団体「AROW」が2021年に実施した大学でのハラスメントに関する調査では…

調査に参加した学生81人のうち5人

が大学教員からセクハラを受けたと回答しているようです。

どうやったらこの権力を利用したパワハラ/アカハラが無くなるのか、何もできないことに悔しささえ感じます。

まとめ

深沢レナさんに対し、早稲田大学員の在学中にセクハラをした教授は「渡部直己」だと判明しました。

まとめ
  • 渡部直己(71)が深沢レナさんにセクハラをした張本人
  • 渡部直己(71)の見た目はいい人そうなおじいちゃん
  • 深沢レナさんは今も心に傷を残しながら戦いを続けている

こういったことをお伝えしました。

深沢レナさんのような想いをする人が、一人でも少なくなるような社会になってもらいたいものですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次